FANDOM


J・F・セバスチャン(J.F. Sebastian)とは、タイレル・コーポレーションに所属する遺伝学者である。自ら制作した動くおもちゃの友達と一緒に暮らしていた。

経歴編集

J・F・セバスチャンは1994年頃に誕生した。やがて彼は遺伝学者としてタイレル・コーポレーションに所属するようになり、レプリカントの開発に携わった。あるとき、セバスチャンは早老症を発症した。

2019年11月、ロサンゼルスのブラッドベリー・ビルで暮らしていたセバスチャンはプリスという名の女に出会う。手玉に取られたセバスチャンは彼女を家に招き入れた。しかし翌日になってプリスの恋人であるロイ・バッティが家に入ってくる。動揺したセバスチャンだったがふたりがネクサス6型レプリカントであると知ると興奮を隠せなかった。ロイ・バッティは延命の方法を探っており、エルドン・タイレルに会いたがっていた。セバスチャンとタイレルがチェスで対局していると知ったロイは、勝ち方を教えてタイレルのもとまで案内させた。

タイレル・コーポレーションに到着して自らの創造主であるエルドン・タイレルと対面したロイ・バッティはそれまでの罪を後悔する。延命が不可能だと悟ったロイは怒りに任せてタイレルを殺害しそのままセバスチャンも手にかけた。

やがてJ・F・セバスチャンの死体が発見され、ブレードランナーリック・デッカードはブラッドベリー・ビルでプリスを「廃棄処理」しロイの死を見届けた。

小説編集

ブレードランナー2 レプリカントの墓標編集

生き延びていたセバスチャンは技術を駆使して、実際は人間であったプリスを生き返らせることに成功した。

舞台裏編集