FANDOM


「惜しいですな、彼女も。短い命とは」
ガフ[出典]

レイチェル(Rachel)とは、エルドン・タイレルによるレプリカント実験の最新型である。彼女はネクサス6型最新モデルであり、エルドン・タイレルの姪の記憶を移植されて自分が本物の人間だと信じていた。

経歴編集

製造編集

ネクサス6型レプリカントには感情が芽生え尚且つそれに対処できないという問題点があった。タイレル・コーポレーションエルドン・タイレルはネクサス6型レプリカントが感情に対応できずに反乱を起こすという問題を解決するため、レプリカントに偽の記憶を与えて精神の安定を図ろうとしていた。そうすれば「より良い製品」が完成できると考えていたのである。

レイチェルはタイレルの姪の記憶を移植されて製造されたため、自分が本物の人間だと信じていた。製造からどれほど経過してからかは不明であるが、やがて彼女は自身の正体を疑い始める。偽の記憶を持つレイチェルはタイレルの秘書としてタイレル・コーポレーションの業務を手伝っていた。

デッカードとの出会い編集

数名のネクサス6型レプリカントが地球に侵入すると、ブレードランナーリック・デッカードが4人を「廃棄処理」するために警察に呼び出される。

デッカードはタイレル・コーポレーションのビルを訪れ、レプリカントにフォークト=カンプフ検査を実施しようとしていた。レイチェルは応接室でこのブレードランナーを出迎え、本物そっくりに作られた精巧な人工ふくろうを紹介した。

レイチェルが、間違えて人間を殺したことがあるかを尋ねるとデッカードはないと答えた。彼女はブレードランナーの仕事にその危険は付き物だと続けたが、そこにタイレルが現れ人間にフォークト=カンプフ検査を実施するよう依頼した。タイレルはデッカードは騙されるかを確かめるためレイチェルを被験者に選んだ。

検査において、普通のレプリカントに費やすよりはるかに多くの質問を使ったデッカードは、レイチェルが巧妙に記憶を移植されたレプリカントであることを見破った。タイレルはレイチェルに席を外すよう命じる。レイチェルが退席するとタイレルは彼女が新しいレプリカントの試作機であることを明かした。そしてまだ自分の正体に気づいていないと話した。

自分の正体を疑ったレイチェルはタイレルに会おうとするが彼は拒んだ。そこで幼少期の写真を持ってデッカードのアパートメントを訪れる。するとデッカードは彼女の少女時代の記憶を言い当てて見せ、それがタイレルの姪から移植された記憶であることを明かした。ショックを受けたレイチェルは写真を置いてそのまま部屋を後にする。

迷いと愛情編集

レイチェルは自分の正体を知ったあとも自分の生活を続けていた。ある晩、デッカードが彼女に映話をかけ謝罪した上でタフィー・ルイスの店に来ないかと誘った。レイチェルはその誘いを断ったが不安にかられ外に逃げ出した。

彼女が逃げ出したことはロサンゼルス市警にも知られ、ハリイ・ブライアント警部はデッカードに彼女の処理も命じた。

夜の街を歩いていたレイチェルはデッカードがリオン・コワルスキーに襲撃されている現場を目撃する。彼女は落ちていたデッカードの銃を拾うとリオンの頭を銃撃し殺害した。ふたりはそのままデッカードのアパートメントに戻る。レイチェルが、もし自分が逃げたら追いかけるかと尋ねるとデッカードは自分はしないが他の誰かがやると答えた。

原作編集

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?編集

レイチェル・ローゼンはローゼン協会社長エルドン・ローゼンの姪という名目の、ネクサス6型アンドロイドである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。