FANDOM


ライアン・トーマス・ゴズリング(Ryan Thomas Gosling)とは、カナダの俳優・ミュージシャンである。

子役として12歳からキャリアをスタートさせたゴズリングは『ミッキーマウス・クラブ』でデビューしやがて『フランケンシュタインと僕』でスクリーンデビューを果たした。その後も『タイタンズを忘れない』や『完全犯罪クラブ』、『16歳の合衆国』でキャリアを積み、2004年に出演した『きみに読む物語』で高い評価を受けた。2016年に出演した『ラ・ラ・ランド』ではゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門主演男優賞を受賞した。

2017年の映画『ブレードランナー 2049』は1982年の『ブレードランナー』の続編であり、ゴズリングはこの作品で新たな主人公Kを演じた。

主な出演作品編集

私生活編集

映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』での共演をきっかけに、女優のエヴァ・メンデスと事実婚を経て2016年に結婚した。二人の間には2014年に長女エスメラルダ・アマダ、2016年に次女アマダ・リーが誕生した。