FANDOM


ブレードランナー2 レプリカントの墓標』(Blade Runner 2: The Edge of Human)とは、映画『ブレードランナー』とその原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』両方の続編となるK・W・ジーターによる1995年の小説である。

映画との矛盾編集

  • ブレードランナー』においてJ・F・セバスチャンは死亡したとされているが『レプリカントの墓標』では生存している。
  • プリスは原作でも映画でもはっきりとレプリカントとして描写されているが本書では人間であるとしている。
  • プリスは映画版で死亡している。セバスチャンがプリスをレプリカントとして生き返らせたことには多くの問題がある。本書によればセバスチャンはプリスの体が人間であると気づかずにこれを成し遂げたことになる。また、レプリカントの蘇生が可能であればデッカードが彼女や他のレプリカントの死体を確認、回収しないことの辻褄が合わなくなる。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。