FANDOM


BladeRunner Voigt-Kampff machine

フォークト=カンプフ検査

フォークト=カンプフ検査(Voight-Kampff Testing)とは、人間とレプリカントを識別するための感情移入度検査法である。レプリカントには感情移入能力が欠けているため、高い知能を誇るネクサス6型にも有効であるということが確認されている。

試験者が感情を刺激する質問を行うことで相手の呼吸、心拍数、赤面反応、目の動きを測定し感情移入の度合いを測ることができる。通常、20から30問の質問を行えばレプリカントの判別が可能である。

歴史編集

2019年11月、地球に6人のネクサス6型レプリカントが侵入し、2人がタイレル・コーポレーションに侵入して死亡するという事件が起きた。ブレードランナーデイヴ・ホールデンはタイレル・コーポレーションに新しく雇われた従業員を検査する際にこのフォークト=カンプフ法を用いた。そしてリオン・コワルスキーを検査した際に銃撃された。

ホールデンの後任として新たに選定されたブレードランナー・リック・デッカードはネクサス6型レプリカントをテストするためにタイレル・コーポレーションを訪問した。エルドン・タイレルは人間にも検査が有効なのか確かめたいと主張し、秘書のレイチェルを被検体に選んだ。100問以上の質問を経て、デッカードは彼女がレプリカントであるという結論を下した。

小説編集

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?編集

「感情移入反応だ。いろいろな社会的状況に対するやつ。動物に関係のあるものが多い」
リック・デッカード[出典]

フォークト=カンプフ検査(Voigt-Kampff Testing)とは、バウンティ・ハンターたちがアンドロイドを識別するための検査法である。1989年にズーデルマン社がT14型アンドロイドを発売すると識別が困難なために法務執行機関は混乱に陥った。そこでソ連のパヴロフ研究所がフォークト=カンプフ感情移入度検査法を開発した。

バウンティ・ハンター・リック・デッカードは1992年にローゼン協会を訪れ、レイチェル・ローゼンを検査した。彼は一度騙されかけたがレイチェルがネクサス6型のアンドロイドであるということを見破った。