FANDOM


ハリイ・ブライアント(Harry Bryant)とは、ロサンゼルス市警の警部である。彼は2019年11月に地球に侵入したネクサス6型レプリカントの処理を指揮した。

経歴編集

2019年11月、6人のネクサス6型レプリカントが人間を殺して盗んだシャトルで地球に侵入した。タイレル・コーポレーションに侵入を試みたふたりが死亡したため、ブライアントは残りの4人の捜査をブレードランナーデイヴ・ホールデンに任せた。しかしホールデンはリオン・コワルスキーの銃撃を受けて任務遂行不可能となった。

ブライアント警部はガフを派遣して退職した元ブレードランナー・リック・デッカードを呼び戻しこの仕事を担当させた。ブライアントはタイレル・コーポレーションからレイチェルが逃亡したことを知るとゾーラを「廃棄処理」したばかりのデッカードに彼女の処理も命じた。しかしデッカードはこの命令に従わず、2人のレプリカントを始末するとレイチェルと逃亡した。

小説編集

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?編集

ハリイ・ブライアントはサンフランシスコ市警の警視である。主任バウンティ・ハンターのデイヴ・ホールデンマックス・ポロコフに銃撃されて負傷したためリック・デッカードに仕事を任せた。

ブレードランナー2 レプリカントの墓標編集

ガフの葬儀に出席してまもなく、ブライアントは病死した。

舞台裏編集

登場作品編集