FANDOM


ロイ タイレル

ネクサス6型(Nexus-6)とは、植民地惑星における労働のため人間よりも優れた強靭さと敏捷性を持つレプリカントの名称である。

概要編集

タイレル・コーポレーションが開発したネクサス6型レプリカントは人間との識別が困難であり、人間よりはるかに高い運動能力を備え、開発者たちに匹敵する頭脳を持っていた。

人間にあまりにも酷似しており、識別のためにはフォークト=カンプフ検査を実施しなければならなかった。これは人間より共感能力の低いレプリカントを割り出すためのに有効なテストであった。

2019年にはレプリカント最新モデルと人間との識別はさらに困難になっていた。タイレル・コーポレーションは「人間より人間らしく」をモットーにしており、記憶を植えつけられたレプリカント(偽の記憶の移植により自身を人間と考えるレプリカントが生み出された)には100問ほどの質問をしなければフォークト=カンプフ検査も効果を示さなかった。

タイレル・コーポレーションに雇われたハンニバル・チュウはネクサス6型の目を製造していた。チュウが目を担当したロイ・バッティリオン・コワルスキーは彼のもとを訪れ、タイレル・コーポレーションに忍び込む方法について尋ねた。

他のレプリカントと同じようにネクサス6型にも寿命があった。時を経て感情を習得することを防ぐため4年という非常に短いスパンに設定されている。バッティ率いるレプリカントたちはこの寿命を延ばすため地球に侵入してエルドン・タイレルに接触を試みるが設定された命を延ばす術は存在しなかった。