FANDOM



ネアンデル・ウォレスは、遺伝子組み換え食品を進化させ自らの特許を無料で公開し、世界危機を終息させた。その後倒産したタイレル・コーポレーションを買収すると、レプリカント製造における遺伝子工学と記憶移植メソッドを改良し、従順で統制しやすいレプリカントを誕生させた。やがてレプリカント禁止法が廃止され、自ら開発したネクサス9型を市場へ再導入する。盲目である。

前日譚/2036: Nexus Dawn編集

2036年、ウォレスはロサンゼルス市警察(LAPD)の前で、自作のレプリカントにいかに素晴らしいかデモンストレーションしてみせる。レプリカント禁止法の廃止へときっかけとなった。

ブレードランナー 2049編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

舞台裏編集

登場作品編集