FANDOM



ドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)とは、カナダ出身の監督。1980年代より創作活動をはじめ数本の短編映画を制作した後、1998年に『Un 32 Aout Sur Terre(英題:32nd Day of August on Earth)』で長編監督デビュー。2010年に監督した『灼熱の魂』でアカデミー賞外国語賞にノミネートされると、ハリウッドの第一線で活躍するようになる。 

『007』シリーズの次作の監督と噂されるなか、2017年10月ヴィルヌーヴは「それについて話すことはできないんだ。でももし私ができるならそれは本当に光栄なことだよ」と答えている。[1]


主な監督作品編集

  • 『メッセージ』
  • 『ボーダーライン』
  • 『プリズナーズ』

私生活編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

脚注編集

  1. NME.com