FANDOM


エドワード・ジェームズ・オルモス(Edward James Olmos、1947年2月24日生まれ)とは、アメリカの俳優・映画監督である。

オルモスは1960年代後半から1970年代前半にかけて映画出演を開始し、舞台Zoot Suitで主人公のひとりを演じて注目された。その後、『白昼の死角』(1979年)と『復活の日』(1980年)という日本の角川映画に出演した。

1981年に『ウルフェン』に出演し、1982年にリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』でガフ役を演じた。2017年の続編『ブレードランナー 2049』でも引き続いてガフを演じた。

テレビドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』ではマーティン・キャステロ警部役でレギュラー出演を果たし人気を博した。